活動コンテンツー自然体験

 

 

 

 

 

 

 

ネイチャーゲーム

自然クラフト

 

<なぜ自然体験なのか>

自然の中に行くと楽しい、気持ちいい。
そう感じる人は多い一方、
自然を感じる時間、自然のなかに身を置く時間が
日常の優先順位として高くはない人もまた、多いのではないでしょうか。
レイチェル・カーソンは著書「センス・オブ・ワンダー」で、
次のように書いています。
”地球の美しさと神秘を感じとれる人は、人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれることは決してないでしょう。
たとえ生活のなかで苦しみや心配事にであったとしても、必ずや、内面的な満足感と、生きていることへの新たな喜びへ通ずる小道を見つけ出すことができるでしょう”
わたしたちは、
自然体験は、あそびであり、楽しさや喜びや心地よさを味わうものであり、
そしてそれ以上のものだと思っています。
——————————————————-
自然に出会うとき、わたしたちは、からだの感覚を働かせます。
からだでなにかを受け取ると、こころも動きます。
からだとこころが動くこと、それは、生きることそのもの。
日常の中では流されがちな、生きている感覚を味わう体験を、
自然のなかでしているのだと捉えています。
——————————————————-
自然体験は、世界とのつながりを感じる体験でもあります。
自然は、「からだ」というかたちでわたしたちの中にあり、
そして、からだの外側の自然とつながっています。
(空気を吸い、吐き、食べ物を食べ・・・何気ないその1つ1つがその証です。)
その、自然とつながっている感覚を自分のなかに持つことは、
生きていく上での深い安心感にもつながります。
——————————————————-
そして、
からだとこころは、ひとりひとりみんな違う、唯一無二のもの。
だから、ひとりひとりの体験も、その人ならではのものです。
自然の中での発見や感じたことを伝えあうことで、
共感がうまれ、
そして、ひとりひとりのその人らしさを認め、味わう体験につながります。
わたしたちは、自然体験の場で、分かち合うことを大切にしています。
——————————————————-
自然の中に行くと楽しい、気持ちいい。
感じることは、ただそれだけでいいと、思っています。
だからこそ、
自然を感じる時間、自然のなかに身を置く時間を、
日常の中につくってみませんか。
あなたとのご縁がつながるのを、楽しみにしています。